前へ
次へ

税理士試験の内容と学習方法

税理士は国家資格で、税務関係の専門家です。税理士試験の目的は、税理士としての学識・能力があるかどうか判定することです。税理士試験を受験するためには、大学等において所定の学科を履修しているなど、いくつかの資格を満たしている必要があります。試験は年に一回、日本各地で行われます。試験科目には税法関連と会計関連があり、必修科目と選択必修科目および選択科目に分類されます。必修科目は会計関連の簿記論と財務諸表論です。この科目は両方とも合格しなければなりません。選択必修科目は法人税と所得税で、そのどちらか1科目の合格が必須となります。選択科目はその他の税法関連です。これらの条件を満たし、合計5科目以上の合格で、税理士の有資格者となります。税理士試験の特徴としてあげられるのが、科目合格制です。一度に5科目受験する必要がないので、長期的な計画をたてて取り組むことができます。

top用置換

top用置換2
Page Top